ノンシリコンシャンプーが以前、騒がれていましたが、別にノンシリコンが凄い成分なわけではありません。

というよりもノンシリコンそのものは、無添加シャンプーとか無香料・無着色のシャンプーとかそういったものなので、髪の毛に悪い成分が入っていないというだけなんですね。

しかし、ノンシリコンシャンプーがあれだけ騒がれていたものですから、シリコンという成分はものすごく髪の毛にとって悪影響を及ぼしていたのではないかと思えます。

ただ、実際のところ、シリコンは髪の毛をコーティングすることで、熱や外からのダメージから守ったり、髪の毛を見た目上はサラサラにすることなので、悪の親玉ほどの悪影響はありません。それどころか、これを聞く限りでは悪い成分には思えませんよね?

現状の見解としては、シャンプーにシリコンを含んでいる必要はないんじゃない?っていうことで、ノンシリコンシャンプーが薦められているにすぎないのです。シリコンが含まれていると、常に化粧している状態なので髪の毛が疲れそうということと、いつの間にか髪の毛が傷みまくっていたということに気づけないので、出来ればない方がいい成分みたいですね。

メリットはノンシリコンシャンプーの1つなのですが、メリットを使うと髪の毛がギシギシするから嫌だという方はいませんか?私も昔はそうだったんですけど、これって本来の髪の毛がギシギシしているだけで、メリットのせいで髪の毛がギシギシしているわけではありません。このスパイラルにハマると、シリコン地獄から抜け出すことができなくなるので、やはりシリコンを使いすぎるのは良くないといえるでしょう。

ただ、シリコンを抜いたから何が変わるって、スッピン状態の髪の毛で過ごす以外のことはありません。ここで大切なのは、そのノンシリコンシャンプーにはどんな成分が含まれているのかということです。例えば、ダメージ補修の成分が含まれていたとしたらコーティングがない分、浸透しやすいことは想像できますよね。こうしたようにノンシリコンと何を組み合わせるのかが重要で、ノンシリコン単体だけではあまり意味がありません。

またノンシリコンシャンプーは育毛シャンプーとも相性が良いと言われています。これも前述のとおり、ノンシリコンと頭皮環境を整える成分の親和性が高いのが理由です。髪の毛に悩まれていて、できるだけ高い効果が得られる育毛シャンプーを探されている方は、積極的にノンシリコンの育毛シャンプーを利用するといいでしょう。

最後に1つだけ注意点があります。世間ではシリコンを悪とみなしていますが、本当にマズいのは石油系合成界面活性剤などの成分で、シリコンは髪の毛に悪い成分のごくごく1部でしかありません。ノンシリコンだから安全というわけではなく、髪の毛に悪い成分を1つ取り除けたにすぎないということは知っておきましょう。

photo by: epSos.de
http://rakunate.com/non-silicon-purpose/