シャンプーは、毎日使うものすごく身近な生活アイテムです。

でもですね、ビックリするほど体にも髪にも悪い成分が含まれています。シャンプーを使って、肌が荒れるとはなんぞや?って感じですが、まぁ仕方がない部分もあるわけです。

危ない成分の基本は洗浄成分です。洗浄成分とは、髪の毛の汚れを洗い落とす成分で、こればっかりは化学物質を使わざるを得ないところはあります。ただ、最近ではメチャクチャ危なかった硫酸系の洗浄成分からアミノ酸系に変わるなど、ちょっとずつ自然志向へと変わりつつあります。

ただ、大手シャンプー会社が販売している市販のシャンプーは、まだまだ価格と宣伝費の関係から安物の洗浄成分を使っていることが多いです。シャンプーは特にですが、有名なシャンプーほど広告宣伝費にお金をかけすぎていて、安物の洗浄成分が使われていることが多いです。

数百円で手に入るシャンプーは基本的に髪の毛に悪い成分が多分に含まれていると考えてもそう間違いはありません。もちろん値段相応という意味では、決して悪いシャンプーではないんですけどね。

大手だからこそ、研究は盛んに行われていると思いますし、頑張っていると思うんですけど、それでも広告宣伝費をペイできるほどにしかなっていないのが現状です。

誰でも知っているようなシャンプーではない知名度で、2000円~のシャンプーだとそこそこのクオリティになっていることも多いですが、やっぱり成分を見ないと何とも言えません。

ただ、最近は薬用シャンプーとか医薬部外品のシャンプーが出てきて、これは成分をすべて表示する必要はありませんので、危険な成分が含まれている可能性があります。

薬用シャンプーとか医薬部外品って、なんか凄そうなんですけど、消費者からすれば、何が入っているのかわからないので、十分に注意が必要なシャンプーです。

髪の毛に悩みのある方は、髪の毛に悪い成分を調べて、そのシャンプーに含まれていないか調べるようにしましょう。

ただ、洗浄成分など仕方がない部分もあるので、一つも含まれていないではなく、相対的に少ししか含まれていないシャンプーを選ぶと良いと思います。

http://rakunate.com/danger-shampoo/