ノンシリコンシャンプーには他の目的がある!

ノンシリコンシャンプーが以前、騒がれていましたが、別にノンシリコンが凄い成分なわけではありません。

というよりもノンシリコンそのものは、無添加シャンプーとか無香料・無着色のシャンプーとかそういったものなので、髪の毛に悪い成分が入っていないというだけなんですね。

しかし、ノンシリコンシャンプーがあれだけ騒がれていたものですから、シリコンという成分はものすごく髪の毛にとって悪影響を及ぼしていたのではないかと思えます。

ただ、実際のところ、シリコンは髪の毛をコーティングすることで、熱や外からのダメージから守ったり、髪の毛を見た目上はサラサラにすることなので、悪の親玉ほどの悪影響はありません。それどころか、これを聞く限りでは悪い成分には思えませんよね?

現状の見解としては、シャンプーにシリコンを含んでいる必要はないんじゃない?っていうことで、ノンシリコンシャンプーが薦められているにすぎないのです。シリコンが含まれていると、常に化粧している状態なので髪の毛が疲れそうということと、いつの間にか髪の毛が傷みまくっていたということに気づけないので、出来ればない方がいい成分みたいですね。

メリットはノンシリコンシャンプーの1つなのですが、メリットを使うと髪の毛がギシギシするから嫌だという方はいませんか?私も昔はそうだったんですけど、これって本来の髪の毛がギシギシしているだけで、メリットのせいで髪の毛がギシギシしているわけではありません。このスパイラルにハマると、シリコン地獄から抜け出すことができなくなるので、やはりシリコンを使いすぎるのは良くないといえるでしょう。

ただ、シリコンを抜いたから何が変わるって、スッピン状態の髪の毛で過ごす以外のことはありません。ここで大切なのは、そのノンシリコンシャンプーにはどんな成分が含まれているのかということです。例えば、ダメージ補修の成分が含まれていたとしたらコーティングがない分、浸透しやすいことは想像できますよね。こうしたようにノンシリコンと何を組み合わせるのかが重要で、ノンシリコン単体だけではあまり意味がありません。

またノンシリコンシャンプーは育毛シャンプーとも相性が良いと言われています。これも前述のとおり、ノンシリコンと頭皮環境を整える成分の親和性が高いのが理由です。髪の毛に悩まれていて、できるだけ高い効果が得られる育毛シャンプーを探されている方は、積極的にノンシリコンの育毛シャンプーを利用するといいでしょう。

最後に1つだけ注意点があります。世間ではシリコンを悪とみなしていますが、本当にマズいのは石油系合成界面活性剤などの成分で、シリコンは髪の毛に悪い成分のごくごく1部でしかありません。ノンシリコンだから安全というわけではなく、髪の毛に悪い成分を1つ取り除けたにすぎないということは知っておきましょう。

photo by: epSos.de

脂性肌や顔のテカリでお困りのアナタへ

脂性肌や顔のテカリは、写真うつりが悪くなったり、すぐに顔がベタベタになったりと悪いことづく目です。就職活動や営業活動にも悪影響をおよぼすこともありますので、早めの処置が大切です。

テカリ防止の第一歩は洗顔にあります。もちろん、テカリに悩む方は洗顔にも十分気を使っていることでしょう。毎日、また顔がべたつく度に洗顔をされている方もいるかもしれません。

ただ、それが落とし穴だとは知っていましたか?

顔の脂に関するエピソードを50人に聞いてみたというサイトでは、実際に50人の脂性肌の人にアンケートを取ったそうです。そして、みな一様に口を揃えるのが、「洗顔し過ぎていた」というのです。

顔のベタつきを取り除くには、当然顔を洗うことがベストだと思うかもしれません。しかし、顔の脂はそんなことでヘコタレません。むしろ、顔の脂が足りないぞと脳に指令を出し、より顔がベタベタしてしまうという悪循環になります。

では、あぶらとり紙でちょこちょこと取り除くのかというと、それも正しいとはいえないでしょう。結局、顔の脂を取るだけでは根本的な解決になっていません。肌が皮脂を必要としないように習慣づけてやらなければいけないのです。

脂性肌は元から治すことが大切!

脂性肌でお悩みの方は、元から解決することに全力を注ぎましょう。元から治すには、皮脂が必要でないと脳が認識する必要があります。

顔に皮脂が出てくる原因は、顔が潤っていないことにあります。顔が十分に潤っていれば、皮脂もあまり出てこないのです。

そこで、洗顔をして、皮脂を取り除いた後には、顔に潤いを与える化粧水と乳液を塗るようにしましょう。これだけでもかなり改善されると思います。脂性肌に悩んでいる方は、まずここから始めていきましょう。

その後は、生活習慣の改善です。アブラっぽい食事を控えることも非常に大切なことです。適度な運動も体の悪い部分を排出するのに役立ちます。根本的に改善しようとすると確かに地味なことの連続ですが、一番効果のあるのが地味なことを続けることにあります。

すぐに脂性肌を治療したいと思い、薬などに頼る方も少なくありませんが、結局は上記の方法に落ち着きます。若い間に改善しないと意味がないので、早めに実践するようにしてください。

ブラック企業から転職するときの注意点を体験談から紹介!

ブラック企業という言葉が最近、広まってきています。劣悪な労働環境で働かれてきた方は、今までにも多くいらっしゃったのだと思いますが、ネットの普及からかようやく徐々に表面化し始めました。

今回は、こうしたブラック企業と呼ばれる企業から、転職する際に気をつけるべき点などを体験談を通じて紹介したいと思います。なかなか辞めさせてもらえなかったり、辞めるまでの期間、無視されたりと色々あるかもしれませんが、そこでメゲてはいけません。

また、筆者は転職が正義だというつもりはありません。目的もなく、ただ更なるホワイト企業を探し求めて転職した結果、その多くが元の企業よりも悪い労働環境で転職してしまっています。だからと言って、本当に自分が向いていない業種であったり、家族の為や自分の夢のために転職することは大いに奨励されるべきことだと思っています。

ここでは、少し労働環境の悪い企業で働かれていた方の事例を取り上げることで、転職活動での注意項目として、また教訓として考えていただければ幸いです。

カバーする人員が足りず、転職先を辞退した体験談

施設で介護士として3年働いていましたが、体力がもたず、何より女性が多い職場で気苦労が絶えず、転職を決意しました。

その職場では、辞意は2ヶ月前までに伝えなければなりませんでした。理由は、求人を出してもなかなか人が集まらないからです。本当はすぐにでも他の仕事に移りたかったのですが、誰か新しい人が入ってこないことには辞められないので2ヶ月前に退職願を提出し、受理されました。

それからは自分の受け持っていた仕事の引継ぎをしつつ、休みの日は仕事を探していたのですが、どうやらまだ辞めてもいないのに仕事を探していることが気に入らない同僚がおり、それに同調する人たちから無視をされていました。職業上、必ず伝えなければいけないことなどがあるので、完全無視でもなく、あまり気にしてはいませんでした。

ただ、この就職難でなかなか次の仕事が見つからず、ようやく転職先が見つかったのが、辞める2週間前でした。喜んでいたのもつかの間、その数日後、まだ新しく雇う人が見つかっていないことを聞き、あと一月働いて欲しいと言われました。どうやら見つかってはいたものの、その方から辞退する連絡があったそうです。

私の働いている施設は小規模、ギリギリの人員なので、一人かけるとかなり業務が厳しいためそれを断るにも結局しわ寄せが入所者さんへ行くことを考え、その時の転職先には辞退の連絡をし、結局それから2ヶ月働きました。微妙な立場だったため、職場でより一層やりにくさを感じて最後の日にはひっそりと帰りました。

辞めるとお客様や利用者の方に迷惑がかかる構造になっていることも・・・。

この方の場合は、それほどブラックという環境ではなかったのかもしれませんが、辞めることで入所されている方に迷惑が掛かるということで、転職先を辞退されてしまいました。

こういう事例は他にもたくさんあります。「自分が抜けることで、誰かに迷惑がかかってしまうので、転職できない。」と悩まれている方も多いことでしょう。

今の現状では、早くから相談したり、引き継ぎを行うなどをする他、対処策はありません。また、日本は特に辞める人に対して風当たりが強い傾向にあります。よく言えば仲間意識が強く、悪く言えば仲間から外れた人間に厳しい、という傾向にあるので、転職時には自分をフォローしてくれる人がいなければ、なかなか気分よく辞めることは難しいかもしれませんが、今後のために心を鬼にして退社することも大切です。

誰にでも良い顔をすることは非常に難しいです。結局、自分を犠牲にしている人も少なくありません。これを見ているあなたには、どうにかうまく転職できる道を見つけてほしいものです。