脂性肌や顔のテカリは、写真うつりが悪くなったり、すぐに顔がベタベタになったりと悪いことづく目です。就職活動や営業活動にも悪影響をおよぼすこともありますので、早めの処置が大切です。

テカリ防止の第一歩は洗顔にあります。もちろん、テカリに悩む方は洗顔にも十分気を使っていることでしょう。毎日、また顔がべたつく度に洗顔をされている方もいるかもしれません。

ただ、それが落とし穴だとは知っていましたか?

顔の脂に関するエピソードを50人に聞いてみたというサイトでは、実際に50人の脂性肌の人にアンケートを取ったそうです。そして、みな一様に口を揃えるのが、「洗顔し過ぎていた」というのです。

顔のベタつきを取り除くには、当然顔を洗うことがベストだと思うかもしれません。しかし、顔の脂はそんなことでヘコタレません。むしろ、顔の脂が足りないぞと脳に指令を出し、より顔がベタベタしてしまうという悪循環になります。

では、あぶらとり紙でちょこちょこと取り除くのかというと、それも正しいとはいえないでしょう。結局、顔の脂を取るだけでは根本的な解決になっていません。肌が皮脂を必要としないように習慣づけてやらなければいけないのです。

脂性肌は元から治すことが大切!

脂性肌でお悩みの方は、元から解決することに全力を注ぎましょう。元から治すには、皮脂が必要でないと脳が認識する必要があります。

顔に皮脂が出てくる原因は、顔が潤っていないことにあります。顔が十分に潤っていれば、皮脂もあまり出てこないのです。

そこで、洗顔をして、皮脂を取り除いた後には、顔に潤いを与える化粧水と乳液を塗るようにしましょう。これだけでもかなり改善されると思います。脂性肌に悩んでいる方は、まずここから始めていきましょう。

その後は、生活習慣の改善です。アブラっぽい食事を控えることも非常に大切なことです。適度な運動も体の悪い部分を排出するのに役立ちます。根本的に改善しようとすると確かに地味なことの連続ですが、一番効果のあるのが地味なことを続けることにあります。

すぐに脂性肌を治療したいと思い、薬などに頼る方も少なくありませんが、結局は上記の方法に落ち着きます。若い間に改善しないと意味がないので、早めに実践するようにしてください。

http://rakunate.com/abura/